不動産のことや,気ままな日常のこと

中古住宅,内覧者質問あるある(パート2)

中古住宅の内覧者からのよくある質問

「これって,仲介物件ですか?」

 今回の内覧者からのよくある質問は,中古住宅最大のウィークポイントを突いている質問です この内覧者の質問の真意がわかりますか?

 ヒントです

 内覧者は〇〇が付いているか,○○が付いていないかを質問しているのです 10秒間お考えください、、、、、、、

 わかりましたか? 正解は、、、、、、

「保証」が付いている住宅か,「保証」が付いていない住宅かを確認しているのです

冷静に考えたら仲介(保証なし)って売り方自体が普通じゃない

冷静に考えたら仲介(保証なし)って売り方自体が普通じゃない

 巷に溢れている仲介物件というのは,取引当事者という観点で見た場合,売主は住宅の所有者(個人)です

 仲介不動産業者の役割は,住宅の所有者である売主と,その住宅を買いたいという買主間の売買契約手続き,売買代金決済手続き,登記手続きの斡旋など,あくまで住宅の引渡しまでのお膳立てを行うだけです

 つまり仲介業者である不動産業者は,取引対象となる土地や建物に対して一切の保証をしません

 内覧者が「これって,仲介物件ですか?」という質問をする意図は「これって,保証が付く住宅ですか?」と聞いているのと同じなのです

 そのため,「仲介物件です」と回答すると,このような質問をする内覧者の表情が曇ります、、、、、、、

 「ちょっと検討してみます」という話をして,トボトボと帰っていく内覧者を今まで何十回と見たことでしょう、、、、、、、

 買い手の心理を理解すれば,中古住宅の上手な売り方が見えてきます

 例えば,そこそこの値段がする家電を買うときに皆さんは,どこに買いに行きますか? 当社自社物件であるハイパー再生住宅IEYA(イエヤ)やAKIYA(アキヤ)は家具家電付きで販売していることもあり,年に数回,大量に家電などの仕入れを行います

家電量販店って,いつ行ってもワンダーランド

 この仕入れをどうやっているかというと,まずインターネットでAmazonや価格ドットコムの最低価格を調べます そして,その最低価格の画面をスマートフォンに表示したものをヤマダ電機の店員さんに提示して価格交渉します この交渉,ヤマダ電機はインターネットの最低価格に合わせて値段を提示してくれるのが99.8% 商品によってはインターネット最安値よりも更に安く買えます

 これって知っている人は少ないかもしれませんが,知っていれば最強の家電購入方法です

 なぜならヤマダ電機店頭で購入するということは,インターネット最安値での購入にプラスして,3年,5年,10年の長期保証がセットで購入できるということです

重要なのは値段と保証

 安くて安心,これって凄いことですよ!

 人間というのは高額な物を買うときには,安いだけで買う=衝動買い,のではなく,安くて安心できる=購入金額以外に持ち出し費用が発生しない,と判断できた時にだけ,初めて「買ってみよう❕」と思うのではないでしょうか

 当社は,売主さんに対して声を大にして言いたいです

 買主は,仲介物件の購入を検討する時には,住宅に不具合(雨漏りや床下漏水などの大規模修繕工事)が発生した最悪の状態を想定して,買おうか否かを悩むのです

 保証なしで,何百万円や何千万円の売値を設定したいと希望する際には,逆の立場(買主の立場)でその売値で購入を即決できるか冷静に考えてみてください

 不動産取引において,仲介物件は常に買い手市場であることを理解しましょう

 買い手市場であることは理解した でも,何か手段はないのか,という売主さんは沢山いるでしょうね(汗

 手段はあります!

既存住宅売買瑕疵保険です!!

中古住宅,内覧者質問あるある(パート3)に続きます

関連記事一覧