不動産のことや,気ままな日常のこと

不動産「有料査定」のすすめ

住宅価格査定

そもそも不動産の売却に「無料」の価格査定は必要か?

 最初に申し上げておきますが,当社の不動産価格査定は有料(査定料1万円,税抜)です

 いまどきの価格査定は「無料です。お気軽にどうぞ!」なんて謳う不動産業者が多数派のなか,なぜ当社の価格査定は「有料」なのか?

 その理由は,たったの1つです

 それは不動産査定業務は,絶対に「無料」で請け負えるような簡単なものではないからです

価格査定代金

不動産の「無料」価格査定は,誰が得をするのか

 結局のところ不動産業者の謳う「無料」査定というのは,自社の利益となる「有料」仲介を得るための「お誘い」としてしか存在していません

 査定依頼者も,上記カラクリはうすうす理解しているのではないでしょうか
 だからこそ,査定依頼者は不動産業者が提示する「お誘い」を単純には信頼しなくなります 何か裏があるんじゃないか,とか,騙されるんじゃないかと

 どうして裏があるとか,騙されると思うのでしょうか それは「無料」の査定価格が高い査定額だろうが,低い査定額だろうがその数字に根拠,信頼性がないと感じているからでしょう

 依頼者が思っていた以上に高い査定額が提示された場合,「本当にそんな金額で売れるのだろうか?」

 残念なくらい低い査定額が提示された場合,「そんな金額でしか売れないのだろうか?」

 どちらの場合も,査定依頼者からみたときに,査定価格の説得力がないと感じています

 これは以下のような図式から説明できます

 調査の内容が薄い=調査を全部または一部を省略している=費用をかけられない=所詮,無料だから

 結局,査定依頼者は売却のための実現性(価格や販売期間)を知りたかったのに,疑心暗鬼だけが残り,不動産業者は費用倒れで徒労に終わる

誰も得をしないのが,不動産の「無料」査定です

 「意図的に高くした査定額」と「現実的な低い査定額」,依頼者が選ぶのは、、、

 一般の方にはあまり知られていないと思いますが,不動産の価格査定を真面目に行おうとすると高額な費用が発生します 査定業務のたびに,不動産業者には数千円の調査費用(登記調査費用,官公署調査)や人件費が発生しています

 査定業務というのは,業者からすれば集客のキッカケ作りではありますが,査定依頼が冷やかしだった場合,不動産業者のダメージは相当なものになります

 これだけのコストがかかるわけですから,「無料」査定を行った不動産業者は,そのコストを回収するために必死にならざるを得ません 「無料」査定後に必死になって仲介営業のアプローチをしてくるのは,「無料」査定で終結してしまった場合の大幅な赤字があるからこその必然の流れといえます

 こうして構造上,不動産業者は「無料」査定においては価格を盛ることで仲介依頼を受けられる確率を上げようとします

 「意図的に高くした査定額」「現実的な低い査定額」では圧倒的に「意図的に高くした査定額」が選ばれるのが,悲しいですが現実です

 「不動産業者や不動産業界は信用できない」と言う人は結構多いですが,信用できない不動産業者を増殖させているのは,査定依頼者の気まぐれ(自己資産を過剰評価して査定に臨む,目先の高値査定額に惹かれる)なのではないでしょうか

 当社が無料の不動産価格査定を捨てて,有料の不動産価格査定に舵を切った理由が正にココに集約されています

 不動産の価格査定業務を真剣に行おうとすれば,当然に多額のコストがかかります コストを回収しようとすれば,高く売りたいという査定依頼者の気持ちに忖度する必要が出ます  ある程度「適当」に査定額を算出する必要が出てきます

 これが最初から有料査定であれば,査定調査コスト等は確保できるわけですから仲介依頼を狙った水増した「適当」な査定価格になることがありません

「適当」な不動産無料価格査定の最大のデメリット

 「適当」な不動産価格査定は,たびたび以下のような売却失敗が発生します

「適当」査定をおこなう不動産業者の独り言
「売主が喜ぶ価格」を提示しないと,仲介依頼もらえないよな
とりあえず「売主が喜ぶ高めの価格=売れる可能性はほぼゼロ」で仲介依頼をもらっておいて,あとから「価格の値下げ」をお願いすればよいか♪

不動産価格査定依頼者の独り言
「低めの査定価格が出ても,気にしないよ 最初から査定価格には全幅の信頼を置いているわけではないしね ♪高めの査定価格を提示してくれる不動産業者に任せれば,なんとか工夫して売ってくれるんじゃないかな~」

 こうした売主や不動産業者の思惑は往々にして空回りします 巷の不動産ポータルサイトの物件情報で数か月間以上も野ざらしで売れ残りつづける物件は,こうして発生しつづけます

 ピント外れな値付けで売り残り続ける物件は,「時間」と「チャンス」いう貴重な資源を浪費し続けます

 これが「適当」な不動産無料価格査定を行うことで発生する最大のデメリットです

査定価格の信頼度を図るポイントとは

 不動産(土地,建物)というものは,各種法規制が複雑に絡んでいます その法規制によって不動産そのものの利用形態が著しく制限されている場合が往々にしてあります その場合の不動産資産価値は減価補正(価格を下方修正する)しなければならない場合があります  不動産の価値を正確に査定算出するためには登記簿調査や諸官庁調査が欠かせないのは,このように理由があるのです

法務局

 査定業者には査定価格だけではなく,査定調査資料(どの程度の調査を実施したかの確認になる)の提示を求めてください これが査定価格の比較をする際の最重要ポイントです けっして査定価格の低い高いだけで一喜一憂しないでくださいね

不動産売却は一大事,プロの査定ノウハウを「有料」で買おう

 以上を踏まえて「適正」な売却を望むなら,これからはどのように行動するべきでしょうか

 ご自宅などの不動産売却は,一生に何度も経験するものではありません そんな一大事だからこそ,価格査定という準備段階を軽視してほしくないと当社は思います

 ご自身が昔に購入した価格や,これくらいで売却したいという希望売却価格は軽視するわけではありませんが,買主あっての成約価格となることは忘れないでほしいと思います

 適正価格を把握するためには,その道のプロの知識・ノウハウを買うべきです 売却までの時間を短縮し成約確率を上げることができれば費用対効果の面でトータルで得をするのは依頼者である「あなた」です

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(任意)

電話連絡を希望しますか?
希望する希望しない

お問い合わせ内容 (必須)
空き家・古家の価格査定をお願いしたい任意売却手続きについて相談したいその他(販売物件への問い合わせ等)

お問い合わせ内容の詳細(任意)

関連記事一覧